2013/06/23

国連:イスラエル軍がパレスチナの子どもたちを虐待



国連人権集団による報告は、イスラエルの警察と軍が、被占領西岸の子どもたちへの拷問と虐待で有罪とする。
最終更新日:2013年6月20日


新たな国連報告は、2002年以来イスラエル軍により、子どもたち7,000人が拘束されてきたと明かした[AFP]

国連人権集団は、刑務所での拷問、独房監禁、死や性的暴行の脅しを含む、パレスチナの子どもたちに対する虐待でイスラエルを告発した。

木曜日に公表された報告で、国連子どもの権利委員会は、委員会が「軍と警察により逮捕、起訴、拘留されるパレスチナの子どもたちへの拷問と虐待の報告される慣例に対し深刻な懸念」を表明すると述べた。

委員会は、兵士たちが、常態的に夜間襲撃でパレスチナの若者を逮捕し、子どもたちの手を痛みを伴うほどに縛り、彼らに目隠しし、しばしば、彼らの両親に知らせることなく彼らを拘置所に移送すると述べた。

委員会はまた、逮捕されたパレスチナの子どもたちが、トイレ、食物や水へのアクセスを制限されるばかりでなく、彼ら自身や家族に対する死・肉体的暴力・性的暴行を脅され、系統的に肉体的・言語的虐待に苛まれると述べた。

「これらの犯罪は、自白を手に入れるため、しかしまた、公判前拘留の間ばかりでなく、何人かのイスラエル兵により証言されるように恣意的理由において、逮捕の瞬間から移送や尋問の間犯される」と、委員会は述べた。

委員会は、他の国連人権団体、軍情報筋、イスラエルやパレスチナの権利集団から、それら情報を取得してきた。イスラエルは、問題に関する情報要請に協力しなかったと、委員会は述べた。

子ども囚

被占領パレスチナ領域における虐待にスポットをあてることに加えて、委員会はまた、イスラエル刑務所に拘束されてきたパレスチナの子どもたちの数に重大な懸念を表明した。

委員会は、12歳から17歳までの、時々、9歳といった幼い子どもおよそ7,000人が、2002年以来 - 平均1日にふたり - 逮捕され、尋問され、拘留されてきたと述べた。

ほとんどは、20年の刑を科すことができる罪、イスラエル軍や入植者たちへの投石で言いがかりをつけられた後連れて行かれた。

今年4月に、12歳から15歳の何十人かを含む236人の子どもたちが、軍拘置所にあったと、報告は、ユニセフとイスラエル人権集団、B'tselemからの資料を引いて述べた。

委員会は、「対立にあるどちら側の子どもたちもが死傷し続けるという深刻な懸念」を表明したが、被占有領域の子どもたちが「被害者の中で不釣り合いに見受けられる」と強調した。

原文:UN: Israeli forces abuse Palestinian children

2 件のコメント:

takagi toshiyuki さんのコメント...

 昨年、秋に上原ひろみ氏のテルアビブでのコンサート開催にたいして自分のブログに意見を書き、そのとき、"boycottil" にリンクを貼らせてもらったものです。その時は承認いただいてありがとうございました。
 もうこのサイトは更新なさらないのでしょうか?
 

みづやるひと さんのコメント...

takagiさん、コメントをありがとうございます。
最近は掲載の主体がFacebookやTwitterになっておりまして、ブログからは遠ざかっています。シェアする、あるいはリツイートすることで拡散できるので、スピード感が全く違います。この国が、これほど脆く崩れゆくのを目撃することになるとは思いませんでした。崩壊は予測できたものの、10年、20年先とばかり、とんだ伏兵が隠れていたものです。
フクシマから5年、チェルノブイリから30年、東京で開催する世界社会フォーラム2016の準備に加わっています。http://www.nonukesocialforum.org/